手作り感を楽しめるフォトブック

手作り感を楽しめるフォトブック

手作り感を楽しめるフォトブック

私たちにとって写真は、今ではなくてはならないものです。昔は写真を撮影するために、フィルムカメラを使用していました。フィルムカメラでは、撮影した写真はネガに焼き付けられるため、専門の写真屋さんなどに撮影し終わったフィルムを提出して、現像してもらう必要がありました。

 

現像するのに時間がかかるため、提出してから数日後にならないと、写真を見ることができないのです。そして現像してもらうには、料金がかかります。基本料金に写真一枚ずつの金額が加算された分が、支払う料金となります。

 

友人や知人などを撮影した写真の場合、写っている人たちにも写真をあげるため、現像が終わった写真を確認してから更に、焼き増しを依頼するということが多くありました。そしてフィルムは、24枚撮りや36枚撮りが一般的には主流になっていて、そのフィルムを購入するためにも費用がかかっていましたし、フィルムを使いきらないと現像のために提出をすることができませんでした。

 

そのため、写真を手にするまでには、お金と時間がかかったのです。またネガは、再び焼き増しを依頼するときのために、大切に保管していたのです。たくさん写真を撮影する人は、多くのフィルムを保管するために、場所が必要でした。出来上がった写真は、手作業でアルバムを作って保管することが多くありました。

 

このように、昔のフィルムカメラの時代には、写真の一枚一枚に重みがあったように感じられます。現在のデジタルカメラのように、写真を撮影したらその場で撮影した写真を確認することができないため、シャッターを押す際には、慎重になったものです。

 

失敗した写真もそのまま現像されて、その分の費用もかかるため、お金が無駄になってしまうことも良くあったのです。現在のデジタルカメラでは、撮影した写真はデータとして記憶装置に保管しておきます。

 

撮影した写真はその場で確認をして、もしも失敗していたならばすぐに削除をして、いくらでも撮り直すことができます。写真屋さんに現像をお願いしなくても、撮影した写真はパソコンに取り込んで、プリンターがあれば家庭でもすぐに印刷することができます。

 

そのため、今日撮影した写真は、今日のうちに印刷をして、友人や知人などにあげることもできるです。また、写真のデータを保存しておくSDカードなどのメディアも性能が良くなり、かなり大きな容量になりました。

 

そのため、1枚の小さなSDカードに、何千枚もの写真のデータを保存しておくことができるのです。そのことから、せっかく撮影した写真も、一度も目を通すことなくデータとして保存しっぱなしということも良くあります。

 

また、スマートフォンのカメラ機能が向上し、専用のデジタルカメラ顔負けの、きれいな写真が撮影されることになりました。すると、わざわざ専用のデジタルカメラを持参しなくても、いつでも好きなときに、きれいな写真を撮影することができるようになったのです。

 

そのことから、どんどん新しい写真を撮影して、前に撮影した写真のデータが埋もれていくようになりました。せっかく撮影した写真を、あとから見ることがないのは、このようなことから起きているのです。

 

写真を大切に扱えるサービスがフォトブック

 

このように、昔のフィルムカメラの時代と比べて現在のデジタルカメラの時代では、写真一枚に対する大切さや思い入れが軽くなっていると言えます。便利で使い勝手が良いのは良いことなのですが、思いの重さが軽くなっていることは、悲しいことです。そして、埋もれていく写真ももったいないと言えます。

 

このような状況を解消するために有効となるのは、フォトブックです。フォトブックは、デジタルで撮影した写真を、一冊のアルバムにしてくれるサービスで、このようなサービスを提供している企業がたくさんあります。

 

作成するためには、パソコンであれば各社の専用のフリーソフトをダウンロードするか、ブラウザ上で編集をして、注文をします。フリーソフトを利用した方が、インターネット環境がない場所でも編集作業ができますし、インターネットの契約が無制限ではない場合でも、通信料が加算されないためおすすめです。また、スマートフォンの場合は、専用のアプリを落として利用します。

 

編集作業は、視覚的に理解しながら進めることができますので、難しいものではありません。そして編集する際には、写真を一枚ずつの見ていき、アルバムに載せたいものを選んでいきますので、同時に不要な写真は削除をすることができ、データを整理整頓して容量を解放することができるのです。

 

編集作業を行うことで手作り感があり、出来上がったアルバムには愛着を持つことができます。また、例えば友人と行った旅行の写真を利用してアルバムを作成したり、送別会などでそれまでの仲間との出来事をアルバムにしてプレゼントすれば、手作り感もあり、とても喜んでくれることでしょう。

 

このようにフォトブックは、さまざまなメリットと感動を生むアイテムとして利用することができるのです。