安い費用で作成できるフォトブック

安い費用で作成できるフォトブック

安い費用で作成できるフォトブック

私たちの生活と写真は、切っても切れない関係にあります。昔から人々は、写真を親しみながら利用してきましたが、近年では昔と違った利用の仕方も増えてきています。 昔は現在と違って、デジタルカメラは一般的にはありませんでした。

 

一般に使用されていたのはフィルムカメラで、今ではほぼ使用されていません。一部のコアなファンや、写真家でもフィルムカメラにこだわりを持っている人が利用している程度です。フィルムカメラは、撮影してから実際の写真を見るまでに、時間がかかります。

 

デジタルカメラのように液晶画面がついている訳ではないので、撮影した写真を撮ってすぐに確認することもできません。そのため、撮影に失敗した写真でも現像されて、その分の費用もかかってしまいます。

 

学校の修学旅行や会社の送別会などでは、必ず集合写真を撮影するものですが、必ずといって良いほど誰かが目をつぶってしまうことがあります。

 

このようなとき、フィルムカメラでは、その場で写真を確認することができないため、誰かが目をつぶってしまっていても分からないのです。念のため2枚くらいは写真を撮影して起きますが、大人数のため、どちらにも問題があることもあり、どちらを採用するか担当の人は迷ってしまうこともありました。

 

フィルムカメラでは、ネガに焼き付けられますので、そのまま写真を見ることはできません。写真屋さんにフィルムを持ち込んで現像の依頼をして、数日後に焼き上がった写真をとりに行ってはじめて、どんな写真が撮影できているか、確認することができます。現在で考えれば不便なのかもしれませんが、写真をとりに行く前と、封を開けるときの高揚感は、今では味わうことができない感覚です。

 

また、写真を現像するためには、一回の現像で基本料金が必要なことと、一枚ずつに料金がかかることが特徴です。さらに誰かにあげたりする際には、ネガを提出して焼き増しをしたもらうのですが、このときも一枚ずつに料金がかかります。このように、時間とお金がかかり、そして不便だからこそ、一枚ずつの写真を大切にして、丁寧に扱ってきたのです。まさにアナログの良さというのは、このようなところにあります。

 

デジカメ時代の写真の扱い

 

現在のデジタルカメラは、とても便利です。撮影した写真はデータとして保存されるため、ネガのように現物で保管しておく必要もありません。家庭にプリンターがあれば、いつでもデータを呼び起こして、印刷することもできます。

 

しかし実際には、あまりにも多くの写真をデータとして保存し、保管しておくことが可能になったことから、いつどんな場所で写真を撮影したかなど、あまり覚えていないことがほとんどです。

 

現在では記憶しておくSDカードなどの記憶メディアの容量もとても大きくなり、小さなカード一枚に何千枚もの写真を保存しておくことが可能なのです。そのため、写真でデータが一杯になってから、データを整理しようとすると、何時間も時間がかかってしまいます。

 

また、これだけたくさんの写真を気軽に撮影できて、しかも費用も小さくて済むことから、昔のフィルムの時代とは違い、写真一枚に対する心の重みが軽くなってしまっているのです。これが、便利になったことの代償だと言えるのではないでしょうか。

 

デジタル時代の写真でも大切に利用可能なフォトブック

 

デジタルの時代でも、もっと写真を大切に利用する方法があります。それが、フォトブックの作成です。今ではフォトブックの制作を手掛ける会社がたくさん存在するのですが、作り方は簡単で、費用も安いものがたくさんあります。

 

パソコンの場合は、各社のホームページにアクセスして、ブラウザ上か専用のフリーソフトをダウンロードして、編集をしていきます。操作方法はどちらも難しいことはなく、視覚的に操作を理解しやすいものばかりです。

 

各社が用意しているテンプレートを利用して、写真を当てはめるように作成していきます。編集が終われば、あとは注文をしてインターネットで決済をすれば、数日後には自分が編集したオリジナルのアルバムが、手元に届くのです。また、スマートフォンでも利用できるものがあり、その場合はアプリをダウンロードして編集をします。

 

利用の仕方で多いのは、こどもの成長記録を残しておくためのアルバム作成や、友人などとの旅行のアルバム作り、結婚式の写真を集めてアルバムにして、それぞれの両親にプレゼントをしたり、会社や学校などの送別会のときに、それまでの仲間との楽しい思い出の写真を集めたアルバムをプレゼントするなど、多岐にわたって利用されています。

 

このようにフォトブックは、デジタルとアナログのそれぞれの良さを兼ね備えた存在だと言えます。編集するときには、一枚ずつの写真を見ながらアルバムに載せたい写真を厳選していくため、楽しい思い出を思い返しながら楽しく作業ができるだけではなく、撮影に失敗している写真や不要な写真は、そのまま削除していくことができるため、アルバム制作と同時にデータの整理もできてしまうというメリットもあるのです。