フォトブックを作る

フォトブックを作る記事一覧

アプリやフリーソフトでフォトブックを作成する

現在世界では、SNSが大流行しています。FacebookやInstagram、Twitterなどを利用している人は世界中に多く、またそれ以外にも各国で独自のSNSを開発して、たくさんのユーザーを集めているものもあります。このようなSNSに欠かせないものと言えば、写真です。インターネットが高度に成長して、また普及が進んだとしても、デジタルの写真がなければ、現在のように多くのユーザーを集め、世界中に広...

安い費用で作成できるフォトブック

私たちの生活と写真は、切っても切れない関係にあります。昔から人々は、写真を親しみながら利用してきましたが、近年では昔と違った利用の仕方も増えてきています。 昔は現在と違って、デジタルカメラは一般的にはありませんでした。一般に使用されていたのはフィルムカメラで、今ではほぼ使用されていません。一部のコアなファンや、写真家でもフィルムカメラにこだわりを持っている人が利用している程度です。フィルムカメラは...

手作り感を楽しめるフォトブック

私たちにとって写真は、今ではなくてはならないものです。昔は写真を撮影するために、フィルムカメラを使用していました。フィルムカメラでは、撮影した写真はネガに焼き付けられるため、専門の写真屋さんなどに撮影し終わったフィルムを提出して、現像してもらう必要がありました。現像するのに時間がかかるため、提出してから数日後にならないと、写真を見ることができないのです。そして現像してもらうには、料金がかかります。...

結婚式の写真をフォトブックで一冊の本にする

人生の一大イベントである結婚式。式場や披露宴会場では、親族や友人知人が晴れて夫婦になった二人の写真や、その結婚式と披露宴の様子を、デジカメで撮影する風景をよく見かけます。こうして撮影したデジカメ写真は、その後どうされているのでしょうか。パソコンに入れて保存する人は非常に多いでしょう。最近ではこうした写真を整理して一冊の本・フォトブックにする人が増えております。本にするのは難しいし面倒だと思われるか...

フォトブックの表紙は自慢の一枚で

インスタントカメラという物が昔はありました。手軽に撮って写真屋に現像して何が写ってるのかワクワクして待っていた時代がありました。真っ黒で何も写っていない写真、ピンぼけで白い写真、なかなか良く撮れたと自画自賛をしてしまう写真。昔はネガがありました。ネガを見ながら焼き増しの枚数を記入していったのも昔ながらの良い思い出です。今はカメラがとても手軽にそして身近になりました。写した物はその場で見る事ができ、...