プレゼントに選びたいフォトブック

プレゼントに選びたいフォトブック

プレゼントに選びたいフォトブック

ひと昔前は、カメラと言えばフイルムを利用したカメラが主流でした。その時代は現在とは違って、写真の一枚一枚に対する思い入れが、とても深いものだったと感じます。

 

フィルムカメラでは、せいぜいひとつのフィルムで36枚程度しか撮影することができませんでした。そして、一度シャッターを押すと、もう撮り直すことはできませんでした。しかも、現在のデジタルカメラのように、撮影した写真をその場で確認することはできなかったのです。そのため、シャッターを押すことに慎重になりました。

 

写真を見るためには、撮影し終わったフィルムを写真屋に持っていき、フィルムを現像してもらう必要がありました。そのため、ひとつのフィルムを撮り終わるまで現像を依頼することもできませんでしたし、現像を依頼しても数日間、仕上がりを待たなくてはなりませんでした。

 

その間、どんな写真が出来上がるか楽しみに待ったものです。やっと仕上がりの日がやって来て、出来上がった写真を受け取りに行きます。そして、基本料金に一枚ずつの現像料金を支払って、やっと出来上がった写真を見ることができるのです。中には思うように撮影できていない写真があったり、面白く撮影できている写真があったり、一喜一憂するものでした。

 

このように、フィルムの写真は一枚ずつにお金がかかりましたし、見るまでに待っている時間もあったのです。そのため、現在とは違って写真の一枚一枚に、重みがあるものでした。

 

途中からは使い捨てカメラが登場して、コンビニや旅行先のお土産屋などで、使い捨てのカメラを購入して利用することができるようにもなりました。そのことから、カメラを持参しなくても、行った先で使い捨てカメラを購入して、気軽に利用することもできるようになりました。

 

しかし、現在ではデジタルカメラが主流です。デジタルカメラが出始めの頃はまだ、画質も今よりもかなり荒いもので、使い物になる代物ではありませんでしたが、現在ではかなり高画質となり、生活の上での必需品ともなっています。

 

デジタル時代のカメラのメリット

 

デジタルカメラでは、撮影した写真をデータとして保存することができます。そして、撮影したその場で写真を確認することができ、もしも撮影に失敗していたり、気に入らなければ、その場ですぐに削除をしていくらでも撮り直すことができるのです。

 

撮影した写真はパソコンなどに取り込んで、あとから編集することもできます。そして、プリンターがあれば1枚からでも気軽に家庭で印刷することもできます。現在では記録しておくためのメディアも高性能となり、何千枚の写真も1枚の記録メディアに撮りためておくことができるのです。

 

このようなことから、撮影した写真をあとから見返すことが少なくなり、そのままデータとして保存され、データの奥の方へ追いやられてしまい、いつしか撮影されたことも忘れ去られることが多くなりました

 

さらに現在では、スマートフォンのカメラ機能の性能も格段に良くなり、専用のデジタルカメラを持ち歩かなくても、高画質な写真を撮影することができるようにもなっています。そしてスマートフォンの普及がとても広くなったため、いつでもどこでも、気軽に写真を撮影することができるようになったのです。

 

このようなことから、昔のフィルムカメラが主流だった頃に比べて、かなり写真一枚に対する思い入れが、希薄になってしまっています。しかし、せっかく思い出を記録しておこうと撮影した写真ですから、それではもったいないというものです。

 

そこでぜひ利用したいのが、フォトブックです。撮りためた写真から好きな写真を選んで、一冊のアルバムを製作してくれるサービスで、今ではたくさんの業者がこのようなサービスを提供しています。例えば、友人と行った旅行の写真をアルバムにして、友人と一冊ずつ共有しても良いでしょう。また、家族の出来事を1年ごとにまとめたアルバムを作成したり、子どもの成長記録をまとめたアルバムを作成しておけば、何年か経ったあとでもすぐに見返すことができ、想い出話に花を添えることができます。

 

このように、撮りためた写真でフォトブックを作成しておくことで、写真を埋もれさせることがなくなります。また、作成するためには自分でフリーソフトやアプリを利用して、編集をするため、不要な写真をその場で削除していけば、データの整理整頓も同時にできてしまい、一石二鳥なのです。メディアのデータが一杯になって、慌てて整理することもなくなります。

 

さらにフォトブックのおすすめの利用の仕方は、プレゼントです。例えば結婚式の時の写真を編集して作成し、お互いの両親に一冊ずつプレゼントすれば、喜んでくれることでしょう。また、還暦を迎えた父や母に、今までの想い出をまとめたものをプレゼントしたり、会社などの送別会で、それまでの出来事をまとめたものを作成して贈ればサプライズにもなり、ずっと残る想い出の一冊になるのです。