デジタル時代におすすめのフォトブック

デジタル時代におすすめのフォトブック

デジタル時代におすすめのフォトブック

現在の日本では、写真と言えばデジタルが完全に主流の時代となりました。今ではフィルムカメラは、一部の根強いファンや、プロのカメラマンがわずかに利用しているほどのものとなりました。アナログにはアナログの良さがありますが、一般的にはより手軽に、より便利に利用できるデジタルカメラの方が、利用しやすいのです。

 

フィルムカメラでは、フィルムが現物のため、24枚や36枚などの限られた枚数しか一般的には撮影することができませんでした。そして、現在のデジタルカメラのように、カメラに液晶画面がついているわけではなく、撮影した写真もネガに焼き付けられるため、その場で確認することはできません。

 

そのことから、一枚ずつ大切に、そして丁寧に撮影したものでした。良くあったのが、修学旅行の時のような集合写真で、それだけ人数がいれば必ず目をつぶってしまう人がいたことです。念のために2回くらいは撮影をしておくのですが、どちらにも別々に目をつぶってしまっている人がいる場合、どちらの写真を採用するか選ぶ側も困ってしまったものです。

 

それから撮影が終わったフィルムは、そのままでは写真を楽しむことはできません。写真屋さんにネガを提出して、現像をしてもらってはじめて写真を見て楽しむことができるようになるのです。

 

そのことから、写真をリアルタイムで楽しむのことはできずに、また現像には料金が必要でした。そして、友人など何人かで写っている写真は、写真が出来上がってから確認をして、さらにネガを提出して焼き増しをお願いして、また数日後に出来上がった写真を受け取りに行き、そしてはじめて写真を分け与えることができたのです。

 

このように、時間もお金もかかったのが、昔のフィルムカメラでした。そのため、一枚ずつの写真をとても大切にし、大事に保管していました。または手作業でアルバムを作成したり、想い出をしっかりと形として残していったのです。

 

取り直しが簡単に可能なデジタル時代のカメラ

 

しかし、今の時代には、そのことがとても希薄になっていると言えます。現代のデジタルカメラでは、写真を撮影したその場で、撮影した写真を確認することができますので、失敗していたり気に入らない写真であった場合は、すぐに削除をして、何回でも撮影し直すことが可能です。

 

集合写真の場合でも、目をつぶってしまった人がいるか、その場で確認をして、みんながベストな状態で撮影した写真を採用することができるのです。

 

そしてスマートフォンのカメラ機能の高度な向上と普及により、より写真が身近で気軽なものとなりました。スマートフォンは、どこに行くときも必ず一緒に持ち運ぶアイテムであることから、いつでも写真を撮影したいときにすぐに利用することができる便利さがあるのです。

 

そして、写真の利用の仕方も、昔とは随分変わりました。今ではSNSにアップロードをして、世界中の人々に自分の撮影した写真を公開することが可能です。そのため、インターネットの世界には、たくさんの写真が溢れかえっているのです。写真はインターネット上でも保存したおくことができますし、メディアには何千枚もの写真を保存しておくことができます。

 

このような傾向から昔とは違って、写真を大切にする気持ちが、どこか薄れてしまっているのです。データとして保存してある写真は、そのときはSNSに公開するなどして楽しむことはあっても、次から次へと撮りためられる写真に埋もれていき、いずれ存在をも忘れ去られてしまうことが多くあります。

 

そして、撮影しても一度も見返すことのない写真も、たくさん存在するのです。それでは、写真の存在意義がなくなってしまいます。また、データはそのままゴミのように、ただデータの中に存在しているだけなのです。

 

写真をもっと大切に扱えるフォトブック

 

このようなもったいない状況を解消してくれるのが、フォトブックです。フォトブックは、制作を手掛けている会社のホームページから、ブラウザ上やフリーソフトを利用して編集し、注文をすると、一冊のオリジナルアルバムとして自宅に届けてくれるサービスです。

 

表紙や中紙の厚さや材質、大きさなどもさまざまなものが用意されていて、用途に合わせて選ぶことができます。さらに会社によって色々なテンプレートを用意しているため、気に入ったデザインのアルバムを作ることが実現できるのです。

 

デジタルの時代には、実際に手にとって材質などの質感を楽しむことが少なくなっているため、おすすめです。また、自分で編集をする作業は意外と簡単で楽しみながら作業ができ、しかもアルバムにする写真を選びながら要らないと感じる写真は削除することができるため、データを整理して圧縮することが、同時にできてしまうのです。

 

用途としては、自分の趣味の写真を記録として残しておくために利用したり、友人などとの旅行のアルバムを作ってシェアしたり、家族や子どもの成長記録や、プレゼントに利用することもおすすめです。贈られた側としてはサプライズとなり、喜んでくれることでしょう。