早い期間で届くフォトブック

早い期間で届くフォトブック

早い期間で届くフォトブック

私たちの日常生活の中には、たくさんの写真が存在しています。飲食店のメニューや壁に貼られているポスター、電車の中の中吊り広告や新聞折り込みのチラシ、雑誌やインターネットの中には、数えきれないほどの写真がたくさん掲載されています。

 

また、免許証や社員証などの身分証には、自分の顔写真が必ず利用されています。このように私たちの生活の中には、数えきれないほどの写真が利用されているため、もしも写真がなくなったらとても不便な世の中になることでしょう。

 

そんな写真は、昔はフィルムカメラで撮影されていました。フィルムカメラでは、撮影した画像は一度ネガに焼き付けられて、そのネガを現像してはじめて、写真としてどんな写りになっているか確認することができるのです。

 

一般の家庭では、ネガを現像することは通常はできないため、使いきったフィルムを写真屋さんに持ち込んで現像を依頼し、数日後に仕上がった写真をとりにいくことで、やっと写真を見ることができるようになります。

 

そのため、もし使用していたフィルムがなかなか使い終わらないと、かなり後になってから、写真を確認することができるようになるのです。さらにフィルムカメラでは、撮影したその場で画像を確認することができないため、現像してはじめて撮影に失敗した写真なども知ることができます。

 

カメラの性能にもよりますが、一般的には良く利用していたコンパクトカメラや使い捨てカメラなどでは、あまり性能が高くないこともあり、天気が優れない日や薄暗いところで撮影をすると、写真がとても暗く写っていたり、もやがかかっていることも良くありました。

 

そんな失敗した写真でも、現像料金を支払っていたのです。しかし、それもフィルムカメラならではの醍醐味でもあります。出来上がるまでの数日間、待っている間もどんな写真が撮影できているか楽しみに待っている時間は、今では味わうことのない高揚感に包まれた貴重な時間なのです。

 

デジタルカメラ時代の写真

 

その反面、現在主流のデジタルカメラでは、撮影したその場で画像を確認することが可能なため、とても便利です。失敗していたらその場で削除してしまい、また撮り直すことができてしまいます。

 

フィルムのカメラと違ってデータで保存するため、後から専用のソフトを使用すれば、いくらでも修正ができます。そして、現在では世界中の人々が利用しているフェイスブックなどのSNSにアップロードすれば、地球の反対側に住んでいる人にも写真を見せることができてしまうのです。特に現在では、写真の公開ではInstagramが有名で、世界の著名な人たちも利用しています。

 

このように、フィルムカメラの時代と違って、写真の新しい楽しみ方や利用の仕方が、現在ではあります。そして、家庭のプリンターを利用すれば、いつでも写真を印刷できるのです。このように、デジタルカメラは写真の新しい利用の仕方という扉を開きました。

 

しかし、写真が現像されるまでの待っている時間の高揚感を感じることはなくなりましたし、その分写真一枚に対する思いも、軽くなってしまったとも言えます。そこには、お金では買うことができない人間の豊かさがあったのです。

 

科学が発達して、便利になればなるほど、このような豊かさが一つずつ失われていくのは、少し悲しい気がします。もちろんデジタルカメラには、とても良い便利なメリットがたくさんあります。ですから、その便利さを享受しながら、アナログの良さも感じられるともっと良いと言えるでしょう。

 

豊かな楽しみ方をデジタルでも味わえるフォトブック

 

そんなわがままな希望を叶えてくれるのが、フォトブックです。今ではフォトブックの制作を提供している会社はたくさんありますが、それぞれがさまざまなカバーや紙質の種類、大きさなどを用意しており、それらを選択して一冊のオリジナルのアルバムを作ることができます。

 

作成の仕方は、各社のホームページから編集用のフリーソフトをダウンロードして利用するか、Web上でアルバムを編集して、注文をします。現在では技術が発達しているため、各社とも早い時間で作り、手元に送ってくれるのです。

 

出来上がったアルバムを、リビングなどの目につきやすい場所に置いておくことで、いつでも思い出を思い返しながら、大切な写真を見ることができるようになります。そして、紙という媒体を直に触れることで、アナログの良さを感じることもできるのです。

 

そんなフォトブックを、例えば旅行から帰ってきた後になるべく早めに作っておけば、データを整理することにも役立ちます。今ではメディアの容量が大きくなっていることから、簡単に何千枚もの写真を保存しておくことが可能です。

 

いつまでもただ撮影し続けていると、後でデータが一杯になったときに、不要な写真を探して削除していくことが大変になってしまいます。その都度アルバムを作っていけば、後でまとめて整理することもなくなり、必要な写真だけを残していくことができるのです。